読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

叶乃のつぶやきアレコレ

いろいろ書きたい事を書きます、不定期更新。

ふと思い出した。

http://u-tanblog.hatenablog.com/entry/2017/01/06/183000

たまたまこの方のブログを読んで、自分にも死を身近に感じた事があった。

最初は高校生の時、自分自身に起こったこと。

当時、私は習い事をしていた。

自転車で通える範囲の距離。

両親は共働きで、家帰ってくるのは遅い方だったけど、その日は珍しく母親が私よりも家に帰っていた。

久しぶりに聞いた「おかえり」

久しぶりに誰かに言った「ただいま」

夜ご飯を食べ終わった後、習い事の為家を出た。 家を出て数分後に、私は救急車の中に居て 、目を開けたら救急車の天井と、視界の端に救急隊員の姿。

左の後頭部、すっっっげぇ痛い。

頭はぼーっとしていた為、意識もあんまりはっきりとはしてなかったけど「声聞こえますかー!!!??お名前言えますかー?!?!」て救急隊員の声に、ぼそぼそと名前を言えたのは、なんとなく覚えてる。

救急車が受入先の病院へ搬送しようとした時に、意識がぼんやりしていた私へ、泣き叫ぶ母親の声が聞こえてきてて、救急車に乗り込もうとしたらしい。

でも、他の救急隊員に止められて、バタンって閉められた。

その後また意識が無くなって、次に気づいたら病院の廊下かな、天井が見えた。

その瞬間に突然、ものすごく吐き気が出てきて我慢する事さえもできない、凄まじい吐き気。

横に居た看護師が、ボウルのような受け皿を持っていて、その看護師の服を思い切り掴んだ瞬間戻した。

あんなに凄まじい嘔吐は、後にも先にもその1回きり。

お酒飲んで吐くのとは比べ物にならないくらいだった。

嘔吐はしばらく続いた。 途中から胃の中に何も無い、おそらく胃酸だけがずっと吐き出されている状態で、すごく苦しかった。

事故にあった、と後になってわかった。

それで頭を強打し、頭蓋骨にヒビが入ったと。 いわゆる、頭蓋骨骨折。 あと、脳挫傷だと。

脳外科へ入院し、先生に言われた一言が忘れられない。

「あんた、まだ10代だから若いし、こんな程度でも生きてるけど。年いった、40代とか50代だったら死んでたかもな。」

そんな事を言われた。

若いから、助かった。

それは本当に運がよかったのかもしれない。

この事故以来、何度か事故にあってる。

とは、言っても命に別条は無いものばかり。

でも、そんな頻繁に事故にあうのもどうかと思う...(;´・ω・)

後ろから来た車のサイドミラーが右肩を強打したり。

自転車乗ってて、路肩に止まっていた車の運転席のドアが急に開いて接触し、頭を道路に打ったり。

この時は、首にコルセットを巻かれました。

......うん、......自分で書いててもちょっと事故あいすぎかなって。

自分は大丈夫だ、って思わない事です。

私が、そうだったので。

大した病気もした事の無かった健康体だったので、事故なんて無縁だと思っていたけど、いつどこで起きてもおかしくない、安全な場所なんて自宅しか無い。(天災は除く)

だから、ちゃんと周りを見て歩いて。 ちゃんと周りを見て、車を運転して。